システムエンジニアが、残業漬けの生活から脱出する転職方法の一つとして、海外派遣で働くという方法があります。

システムエンジニア転職の実態
システムエンジニア転職の実態

システムエンジニアの生活を変える転職は海外派遣で実現する

残業の無い生活を送るため、海外へと脱出しているシステムエンジニアは少なくありません。これも一つの転職方法で、起業と個人事業主として契約し海外へ出張しているケースと、人材派遣会社へ登録し海外の仕事を選んでいるケースがあります。この二つは、何れも日本の企業が海外へ進出しているというもので、海外にある日本の企業で働くことになるわけです。

もちろん、日本から日本人の社員も転勤という形で常駐していますので、働く環境は日本人から指示を受けて働く場合が多く、英会話が出来なくても問題なく仕事が出来る環境です。そして、日本との大きな違いは、日本の企業であっても従業員は現地の人が多く働いているために、日本のシステムエンジニアのように残業漬けの生活を送るということがありません。現地の社員は長期休暇を取る場合も多く、働いている日本人も、それに合わせているのです。

従って、仕事のスケジュールも、残業することを念頭に置いてスケジュールを組んでいないため、非常にゆとりがあり定時で帰ることが出来る日もあります。また、住居は派遣元の会社が用意してくれますので、家賃を払う必要が無く、物価の安い国の場合には、ほとんど生活費にお金を使わなくて済むため貯蓄に励むことも出来ます。中には、契約している会社から依頼され、半年間だけならと考え海外派遣を承諾したシステムエンジニアが、海外での仕事がとても気に入り、結局、家族と共に移住して海外で仕事を続けている人もいるのです。